すばらしき中古ドメイン

中古ドメインの魅力はその長い運営期間

コンテンツを更新している男性中古ドメインを買う目的は、ほとんどの場合はseo対策でしょう。seoというのはグーグルが検索ワードに対してどのサイトを上位表示していくかの選定ですが、今はグーグルが開発した人工知能によって行っています。この人工知能のなかでも特にドメインに深く関係する部分はクローラーです。このクローラーは検索エンジン内のあらゆるサイトを巡回する人工知能で、ここから集積したデータをもとに、ある検索ワードに対してどのサイトを上位に表示するのかという選定を行っていきます。
やはりこれらの選定においてもっとも重要な要素はコンテンツの中身です。グーグルはユーザーにとっての検索エンジンの最適化をもっても優先しているため、当然そのサイトの中身は最重要です。
そしてそれ以外にも、そのサイトの構成が見やすいか、リンクが有効か、他のサイトのリンクから入ることが可能かといったことも基準になります。
そして中古ドメインのメリットに関しては、クローラーの巡回のしやすさと、評価基準にあります。サイトは長く運営されていればその分信用度が高まり、グーグルはその点も評価基準に入れています。そして、そのサイトの運営期間には、そのドメインで昔に運営されていたサイトの期間も加算されます。そのため、中古ドメインを取得することで、期間の利益を享受することができます。
また長くそのドメインが使われていたということは、その分他のサイトにリンクが貼られていたりします。これはユーザーがそのリンクから入ってくるのみならず、グーグルのクローラーもそこからサイトに入ってくるということです。そしてクローラーが入ってくるということは、その分サイトを判定してもらうチャンスが増えるのです。またリンクが多いという事実そのものも判定基準になっており、リンクが多いということはユーザーがそのサイトに入りやすい、よってそのサイトはユーザーにとっての使いやすさの点で優れているということになります。
本来であれば、サイトにクローラーが何度も来てやっと評価されるまでに数カ月かかります。そして、最初からコンテンツが良いものが作れるとも限りません。そうすると、クローラーが来ないから誘導しないとそもそも始まらないという悩みを抱えることになります。
ネット集客はダイレクトに収益につながるものなので、なるべく短期間で効率よく行いたいものです。
この点で、中古ドメインという戦略も魅力的でしょう。

中古ドメインが欲しいと思ったら何をすればよい?

中古ドメインをほしいと考えてる人まずは「中古ドメイン屋さん」などの中古ドメインを販売しているサイトに登録するのが先決です。まずはその準備が完了すれば、あとはサイトはコストパフォーマンスのよいドメインを探すことにつきます。中古ドメインの判断基準は人それぞれ異なりますが、最も注意するべきポイントはバックリンク本数とアンカーテキストでしょう。
バックリンクの本数に関しては多いドメインが良い・少ない方がだめという単純なものではなく、リンク先のサイトの質によって大きく異なります。サイトによっては逆効果を及ぼす可能性もあるのでリンク先のサイトは確認しておきたいところです。特に避けておきたいのはアダルト系やアフィリサイト。これらの評価は比較的低くなりやすいと言われているのでドメインを買うときには注意してください。
またアンカーテキストに関しても諸説あります。キーワード単体が良い・複合ワードでリンクを送るべき・スパムにならないように大量のリンクを送るなどなどやり方は人それぞれです。こちらのかかる経費を抑えるならリンク本数が少ないドメインを選んで、こちら側で多少のリンクを送るのが効果的でしょう。新しく送るドメインの比率が高くなるので、リンク効果が高くなるというわけです。また何本か同じワードでリンクを送るのもよいかもしれません。ある程度の順位まではこの方法で上がるはずです。
ただし1位や2位を狙うのであればコンテンツの質を向上させたり、リンク先のドメインに手を加えたり、サイト構成や画像を入れたり、できることはたくさんあります。それぞれが自分なりのやり方でサイトを運営していくのが一番でしょう。
購入の手続きは原則としてクレジットカードです。ネットにクレジットカードの情報を入力するのはちょっと・・・という方はPayPalや電子決済サービスをつかえばより安全に利用することができます。事前準備としてこれらの手続きをしておくのもよいかもしれませんね。
中古ドメインの活用方法としてはターゲットサイトに使う、サテライトサイトとして使うなどの用途があります。新規ドメインよりもスピードに優れているため、早く収益化したいというときに効果的でしょう。ただしスパムとして扱われるケースやグーグルの評価が不安定というデメリットもあります。良い点と悪い点を比較しつつ、自分なりの戦略で中古ドメインを活用してください。これらの情報を活かして、すこしでも上位表示に役立つと幸いです。

中古ドメイン関連記事

ページ先頭へ