ニコレットは、ニコチンを配合しているガムタイプの医薬品で、禁煙をサポートすることを目的としています。ヨーロッパで考案されたニコチン置換療法に基づいた内容で、口腔粘膜からニコチンを補給することにより、タバコを吸わなくても大丈夫な状態となります。また、口腔粘膜からのニコチンの補給は肺から吸収するよりも脳内に到達するまでに時間がかかるので、その分緩やかに作用することになります。つまり、ニコレットを止める時には禁煙ほど苦しまないということです。

また、タバコからニコレットに変えた時点で、タールや一酸化炭素などの有害物質を遮断することが出来ます。これらは煙に含まれているからであり、周囲に迷惑をかけることもありません。また、煙を出さないということで禁煙エリアでの使用も可能であり、交通機関を長時間利用する様なケースでは非常に頼りになる存在です。

このように、ニコレットは人気を集めているのは健康に対してのメリットを得られるうえに気軽に利用できるということが理由となっています。具体的には、数回噛んでニコチンが外部に出るような状態になれば、いつまでもくちゃくちゃと噛むのではなく歯茎にひっつけます。すると歯茎からニコチンが補給されるので、ピリピリと感じるようになります。

タバコからニコレットに変えて慣れるまでの間は、少し物足りないと感じるケースがあります。これは、タバコよりもニコチンの含有量が少ないからであり、それだけ身体への負担も軽くなっています。このために、1週間程度で身体への良い変化を体感することが出来ます。なお、ニコレットを使用しながらタバコを吸うことは禁止されています。これは、通常の喫煙よりも大量にニコチンを補給してしまうからです。