営業職は直接的に消費者や企業などと接触する仕事ですから清潔感が大事です。印象によってビジネスにも影響を及ぼすようなこともありますので、第一印象を良くするように心掛けた方が良いとされています。
しかしどんなに見た目の印象を良くするように心掛けてもマイナスの印象を与えてしまうことがあるのですが、それはタバコによる臭いです。喫煙をしていると口臭が強くなったり、スーツなどに付着したタバコ臭が漂うようになりますが、営業がそのような臭いをまき散らしているのは印象が良くありません。もし不快感を与えるほどのレベルならもはや営業として失格とも言えるでしょう。
印象が大事な営業職の場合は禁煙をするのが良いのは明白ですが、禁煙をする際には大きな目標を持ってしまうと却って失敗し易くなることがありますので注意が必要です。最終的には一生吸わないようにすることが大事ですが、しかし禁煙に関しては先の目標を持つとハードルが上がってしまうのです。
最初は小さな目標を持った方が良いと言えますので、例えばまずは2週間を目安に目標を掲げるのが良いかもしれません。2週間ですと楽でも難しくもない丁度良い期間ですので、手始めの目標として考えてみると良いでしょう。
2週間でも辛く感じることもありますが、そのような時にはニコレットを噛んで我慢をするのが有効です。ニコチンが切れる頃になると離脱症状に苦しめられるようになりますので、そういった時の為にもニコレットを準備しておくと安心と言えます。そして少しずつニコレットを噛む量を減らしていけばスムーズにニコチン離れもできるはずです。無事に目標が達成できた暁には1ヶ月を目標にするなどして少しずつ禁煙期間を延ばしていきましょう。