すばらしき中古ドメイン

中古ドメインで重要なページのカテゴリと不安材料

中古ドメインを利用するとPVがいきなり増えたり、検索サイトでの表示順位が良かったりとさまざまな良い効果が得られると言われています。しかし、実際には中古ドメインならなんでもいいということはなく、逆効果だったというドメインも数多くあります。効果的に利用するためには事前調査と新規サイトについてしっかりした検討が大事です。そもそも中古ドメインが良い効果を出すには2つの条件があります。1つは以前のウェブサイトが良い評価を検索サイトから得ていることです。評価が悪かったウェブサイトを引き継げば悪い評価を引き継ぐことになります。サイトの評価は各検索サイトでドメイン検索すれば分かります。2つめはカテゴリです。ウェブサイトはある程度カテゴリ化できます。中古ドメインはカテゴリがあっているからこそ力を発揮すると考えられているのでドメインの履歴をしっかりチェックして同じカテゴリにいることを注意して利用することが大事です。サテライトサイトのようにドメインに合わせて作るという場合もありますが、多くは新規サイトの予定があってドメインを探すことになりますので注意したいポイントです。ウェブサイトを作る際に各ページごとにカテゴリを分けている場合もありますが、ドメイン選択という意味ではサイト全体をチェックします。各検索サイトでドメイン検索をすれば現在のウェブサイトの評価が大体わかります。少なくともカテゴリが分かるだけでもいい材料となります。新規サイトはカテゴリを合わせることで検索サイトでの評価を引き継げることになります。ただしサイトによっては検索サイトでの評価が出ないケースがあります。その場合は2つのことを心配しなくてはなりません。1つは評価がないかマイナスであること、もう1つはブラックリスト入りです。評価がない、マイナスである場合は他の検索サイトの結果も踏まえて判断しなくてはなりませんが、ドメインの利用履歴が分かるサイトもありますのでそちらを利用するのも手です。ドメインが生まれて一度も使われていないケースもありますし、しっかりとサイトがあっても評価されていないなら特に利用価値がないことになります。また、メールアドレスでブラックリスト化されているドメインである可能性も高くなります。メールアドレスでのブラックリストはサービスが提供されていますからすぐに調べられます。万が一ブラックリスト化されていたらまったく使い物にならないと判断すべきです。

中古ドメイン関連記事

ページ先頭へ