すばらしき中古ドメイン

中古ドメインの引き継ぎのコマンド確認について

中古ドメインを引き継ぐ場合は各種コマンドをチェックしておきたいです。チェックしたい項目としては主に3つあります。1つは引き継ぎ費用です。一般的には購入費用と維持費がかかります。しかし、未納分や手数料が上乗せされるケースも多くなっており注意が必要です。上乗せられるケースとしてはオークション代行料などですが、単に手数料と明示しない場合も少なくありません。2つめは移管についてです。一般的には決められたコマンドを行えば移管は簡単ですが、オークションなどでは購入後、決められた期間は移管できない場合があります。この間の維持費も費用としてかかるので注意したいところです。さらに移管手数料が高く設定されることも多く、決済に関わる問題がかなり多くあります。3つめはスパムなどのチェックですドメインは利用履歴がほぼ残ります。いつ契約されて、どのようなサイトが利用されたかが分かるのです。そのため、バックリンクなどについても調べられるので購入前にしっかりチェックしたいポイントです。特にアダルトサイトを運営しないならアダルトでの利用履歴はご法度です。バックリンクがあったとしてもカテゴリが違って意味をなしませんし、場合によっては検索サイトにマイナス評価を受けることも考えられます。バックリンクは質も大事です。目標となるSNSでドメインを検索してどのような方にリツイートやいいねされているかチェックしておくと安心です。中古ドメインはうまく利用すると効果がとても高いのですが、利用方法を間違えると検索サイトで痛い目にあうことが多いです。選ぶ際はよく調べたいところです。中古ドメインは利用される機会がなければそのまま未使用として各サービス会社ではんばいされることもありますので、新規ドメインとして買う場合もサイト履歴をしっかりチェックしておきたいところです。新製品のプロモーションなどでは特にブランドイメージに強く影響しかねない部分ですので事前調査は重要です。ドメインは簡単に移管できますし、設置も簡単です。それ故に運営には注意が必要でもあります。中古ドメインの場合は移管に時間がかかることが多いのも注意点です。スケジュールに余裕がない場合は特に移管はチェックしておきたいところです。また、移管はウェブサイトへ登録する前に終えておくと安心です。移管後にDNS情報が更新されますので注意が必要です。そのため、移管も含めて1,2週間は余裕をもっておきたいところです。

中古ドメイン関連記事

ページ先頭へ