すばらしき中古ドメイン

中古ドメインのwhois情報とサテライトブログ

ウェブサイトを効率よく検索サイトへアピールする手段として中古ドメインとサテライトブログが注目されています。両者とも古くからある手法ではありますが、効率的なツールも登場していることもあって利用が進んでいます。ただし、ツールについては最小限にしないとペナルティを与えられてしまう可能性が高いので要注意です。
中古ドメインについては過去のバックリンクやサイト履歴による検索サイトでの一定の評価を引き継げる効果があります。バックリンクはSNSやブログでのリンクのことであり、とても重要な検索サイトへのアピールとなります。特にTwitterやFacebookでの拡散された記事は重要性が増しており、ドメイン自体の価値も上がってきていきます。その価値は引き継がれますので注目されているのです。ただし、コンテンツのカテゴリが変わってしまうと価値がなくなってしまうことが多いので出来る限り同じようなコンテンツでウェブサイトを作ることが重要です。ドメインの価値についてはブラックリストになっていないことも重要です。良い情報は引き継がれにくいものですが、悪い情報はずっと残ります。位置でもブラックリストになっているドメインは避けたいところです。ブラックリストになっているかどうかは無料のサービスで確認できますし、whois情報を確認して短期で変わっているようなら何か問題があると考えることもできます。ドメインは公開される情報が多岐にわたりますのでしっかり確認しておきたいところです。また、メールアドレスのブラックリストも同様であり、ウェブサイトでの利用であっても避けたいドメインとなります。
サテライトブログについての有効性も高まっていますが、サテライトブログでも中古ドメインを利用する方が増えています。従来、無料ドメインサービスなどを利用する方が多かったサテライトブログですが、中古ドメインの効果が高いことからサテライトでも利用が進んでいます。もともとサテライトブログは捨てブログでもあるので力が入らず、数があればいいという判断が多かったのですが、検索サイトのバックリンクの検討アルゴリズムが変わっていることからサテライト自体の価値がないとリンクの意味がないとまで言われれてしまうケースが増えています。そこで価値の少ない、手に入れやすい中古ドメインを利用してサテライトを作る方も増えており、価値をお互いに高めながら進める場合が増えています。

中古ドメイン関連記事

ページ先頭へ