すばらしき中古ドメイン

中古ドメインを購入するのにはお金がかかる?

中古ドメインの購入費用と電卓ドメインは、現代における会社住所のようなものですから、その購入については新規でも中古でも費用が発生するのが一般的です。そして、その費用については、中古ドメインの持つ価値によって値段が上下します。
現実社会に置き換えれば、東京都新宿区や渋谷区など、日本国民の大半の人々が知っているような有名な場所のオフィスは、その住所が与える信頼感にプレミアがあるため、どれだけ不況になっても、値段が落ちません。逆に、景気が良くなると、これらの有名な地域の賃料は、瞬く間に上昇します。
中古ドメインに関しても、これとほぼ同じ現象が起こります。誰もが簡単に覚えやすいドメインや、すでに多くの人が知っているブランド名のドメインなどは、中古ドメインであっても高額で取引されます。基本的にドメインには、経年による劣化がありませんので、古いドメインだから安いといった理由での値下がりはありません。
加えて、ドメインには、不動産のように相場を決めるルールや、中古物件を取り扱う業者が極めて少ないため、中古ドメインの売買については、売り主の言い値で販売されるケースが目立ちます。他の人にとっては、全く欲しいとは思わないようなドメインでも、特定の人たちにとっては、何がっても手に入れたいというケースもあります。このため、中古ドメインの売買は、基本的にインターネットを通じて値段が提示され、それが必要な人が問い合わせる仕組みになっています。
しかし、ここで問題となるのが、ただ単純に良いドメインを手に入れて、転売しようとする業者の存在です。本来であれば、使われていないドメインは、それが必要な人が新規ドメイン登録をして使用することが出来ますが、こうした業者が目ぼしいドメインを事前にまとめて確保してしまっているため、いわゆる新古ドメインのような形で高値が付けられている場合があることです。
こうした事情から、中古で取引されるドメインは、基本的に青天井で高値が付けられており、なかなか手にすることが難しい状態にあります。もし仮に、ドメインに対して、別段のこだわりがない場合には、新規でドメインを取得する方が、DNSなどを含めたドメインの購入・管理にかかる経費は、安く抑えられる場合の方が多いです。
ですから、自分がどうしても欲しいドメインがあった場合にのみ、中古で売買されているものを、多少高額であったとしても、購入することを検討すべきです。ドメインには維持費がかかりますが、僅かな金額ですので、一度手に入れたドメインを、ずっと使い続けることが可能です。一生モノのお気に入りドメインを手に入れるのも、良いかもしれません。

中古ドメイン関連記事

ページ先頭へ