すばらしき中古ドメイン

中古ドメインサービス、管理システム正引き

サイト運営のアフィリエイトのSEO対策ともなる中古ドメイン管理システムには正引きがあって、ホスト名から対応するIPアドレスを調べることができます。それと逆にIPアドレスから対応するホスト名を調べることを逆引きといいます。簡単にいうとドメイン名からIPアドレスに変換することを正引きといいIPアドレスからドメイン名に変換することを逆引き、といわれています。これを活用してWebの閲覧や通信における名前などの解決ができ、2つのサービスを活用してサーバーからアクセス元を識別したり分析や通信相手の存在価値や信頼性を図ることができるようになります。これらは人が一般的に利用する場合はアルファベットでの入力を行いますが、PCがアドレスなどを探す時にサーバーへアクセスする場合IPアドレスに変換して情報処理を行います。サイト運営にはこういった知識が必要となり運用にも基本的な構造を理解していなけらばなりませんが、構築の手間や事前の準備が不要となるDNS「ドメインネームシステム」のアウトソーシングサービスを利用することで正引きゾーンや、逆引きゾーンを行うことができます。簡単手間いらずでDNSを利用することができ、柔軟なドメイン名の運用ができ、ドメイン名やIPアドレス情報に関するゾーンファイルの作成などを行ってくれます。自分で運用する場合はレンタルサーバーやドメインの仕組みなどの構成を理解する必要があり、レンタルサーバーへサイトをアップしてもサイトの表示がされない、またはサーバー引っ越しの際のIPアドレスの変更で情報が反映されないなどのトラブルが生じる恐れもあります。こういったことからも正引きや逆引きの両方が重要となり、一方に限らず逆引きの必要性などはサーバー側からの利用において、クライアントからの接続要求を受けるサーバーは、IPアドレスの認識はできてもドメイン名までは分からず逆引きの名前を利用するので、サーバーのアクセスログを管理する場合どこのIPアドレスから接続されているのかだけを知ってもあまり意味はなく、ドメイン所属元がわかれば便利となるため組織の種別の判断やアクセス解析に役立ち、また不正アクセスの状況判断にも役立つので管理者にとって必要性があります。これら観点からも正引きや逆引きの活用はサイト運営のアフィリエイトのSEO対策にも、アクセス統計や管理に関連するので、変換を必ず行ってもらいたいものです。

中古ドメイン関連記事

ページ先頭へ