タバコは一昔前まで大人のたしなみとまで言われた風習でした。しかし、最近では社会習慣が変化しつつあり、タバコに対する世間の目も変化しています。こうした社会の変化に伴って喫煙者の間では、肩身の狭い中でもタバコを続けるパターンと、時代の変化に伴って禁煙を始めようかという人に分かれてきました。
実際、レストランなどでも全席禁煙の場合は比較的増えており、ニコレットなどの禁煙治療は大きな注目を集めるようになりました。企業の事業所などでもタバコに対する風当たりは厳しくなる一方で、事業所によっては健康診断などで禁煙を推奨している場合もあります。
こうした時代においては、ニコレットのような手軽に行える禁煙商品が非常に有効で、医師との二人三脚で禁煙治療を行うことは比較的認知されつつあります。従来の禁煙というと、一人でたばこの吸いたい欲求に耐えながら地道に禁煙をしてゆくというものでした。しかし、ニコレットの登場によって禁煙商品はある意味で革命を迎えることになりました。ニコレットはタバコを吸いたくなったらバックから取り出してかむだけ。なので、事業所など職場などでも簡単に利用することができ禁煙のイライラも効果的に抑えることができます。ニコレットは商品のシステムとしてはタバコの代用品ということなので、吸いたくなったらタバコの代わりに利用するだけ。ニコレットガム自体には少量のニコチンが含まれており、利用するたびにニコチンの含有量を減らしてゆくことによって徐々にニコチン依存から離脱することができます。ニコレットガムは気軽に利用でき、自分のペースで禁煙を行うことができるので、禁煙の際のイライラが少ないという魅力があります。