一昔前まで、タバコというと大人のたしなみだといわれたほど社会に浸透したものでした。しかし、最近では受動喫煙など排煙の危険性が強く指摘されるようになり、社会的にもタバコを吸う行為そのものがあまり良い印象を与えなくなりました。そうした一方、分煙などのように喫煙者とそうでない人を差別しない方針も打ち出されています。喫煙という行為そのものは本人が健康への危険性を理解したうえで行っているので、排煙からそれ以外の人々を引き離せばよいという考えです。また、こうした社会情勢に対応してタバコを吸わないという選択肢も広がりつつあります。若者などでは特にタバコに対しての興味が薄れている傾向があります。しかし、予てからの愛煙家の中においては意見が大きくわかれており、タバコをやめるか止めないかの葛藤に悩まされる人も多いのが現状です。
こうした社会の現状に対して、喫煙家の中において禁煙を選択する人にとって、ニコレットは大きな励みになります。禁煙は若者などの内ならば短期間で行えますが、長時間喫煙をして人となると、ニコチンへの依存度が高くそれ相応の長期戦を覚悟しなくてはありません。若者の方がより短期で集中的に禁煙できるのですが、ニコレットはこうしたレベル以上のニコチン依存を徐々に減らしてゆくのです。
ニコレットのメカニズムとしては、簡単に言うと喫煙の代用品ということで少量のニコチンを定期的にニコレットガムから摂取するというだけです。つまり、タバコを吸いたいという衝動をニコレットに移すことによってイライラを解消しスムーズにニコチン依存の度合いを落としてゆくのです。喫煙した時には、排煙を気にしたりする必要ない新しい生活が待っているでしょう。